【嫉妬するほど羨ましい?】友達が多いと本当に幸せなのか

「ぼっち」という言葉が物語っている通り、世の中には「ひとりぼっち=寂しくて不幸」というイメージがあります。

 

そのせいか、友達が多い人に嫉妬したり、幸せそうで羨ましい・・と思う人も少なくないようです。

 

しかし、友達が多いことは、そんなに羨ましがるようなことなのでしょうか。

 

今回は、「友達が多い=幸せという価値観は幻想なのでは?」という話を今回はしていきたいと思います。

 

友達が多いことよりも大切なこと

 

友達が多いことが素晴らしいという考えはちょっと幻想なのではないかと思います。

 

というのも、「良い友達が多い=幸せなこと」というのであればわかるのですが、付き合う相手の人間性によっては、一人でいた方がよっぽど幸せな場合もあると思うからです。

 

友達がいないよりは、少しでもいた方がいいという考え方もありますが、本当にそうでしょうか?

 

価値観も合わず、一緒にいて良い気分になるわけでもない。

 

話も合わず、なんの知識も共有できない。

 

これほど極端ではなくとも、総合的に見て、「得るものよりも失うもののほうが大きい人間関係」というものは間違いなく存在します・・

 

そんな関係を無理に継続するくらいであれば、あえて友達を作らないという選択肢も全然ありなのではないでしょうか。(この場合、孤独ではなく「孤高」な生き方と言えると思います)

 

進化の過程で人間は、集団になり、群れることによって危険を回避してきた歴史があります。

 

しかし、昔とは違い、現代の日本に身を脅かすような危険はそうそうありませんし、インターネットのおかげで、人伝えではなくても情報を得ることが簡単になりました。

 

要するに、群れることの必要性は、以前よりも明らかに低くなってきているわけです。

 

そんな現代において、得るものよりも失うものの方が多い人間関係を継続する必要があるのかというと、かなり疑問です・・

 

ですので、職場は仕方ないにせよ、プライベートでの人間関係については、意識的に整理していくことも必要なのではないでしょうか。

 

その結果、友達が居なくなったとしても、また新しい友達を作ればいいわけですし、(幸いネットのおかげで、行動力さえあればいくらでも新しい人間関係を構築できますからね)、それも面倒なら、割り切って一人の時間を楽しむという生き方も潔いと思います。

 

人生の時間は有限ですから、個人的には、無理に誰かと群れる必要なんてないと思います。

 

重要なのは、友達の多さなどではなく、「友達の質」ですからね。

 

心から本当に素敵だと思えるような人と仲良く生きていきたいものです。

〇関連記事

自己肯定感を高めたいならひとりで遊ぼう!ひとり時間を楽しみたい人におすすめの本

人と群れることなく、一人で生きていける人はニュータイプなのかもしれない

大人になってからの友達選び・失敗しないようにするコツ

「人生はつまらない」同感です。それでも人生を楽しむためのシンプル過ぎるコツとは

ずっと無料!
病気の不安、ネガティブな感情やストレスを減らしたい人におすすめの「無料遠隔ヒーリング(二人三脚ヒーリング)」参加者募集中。
心と身体のケアを通して「自分に優しくする練習」をはじめてみませんか?

無料遠隔ヒーリング参加者募集