環境が変わっても継続できる人間関係とは?本当の友達とは?

これまで特に問題なく続いていた人間関係が急に壊れてしまった・・

 

そんな体験をしたことがある人は少なくないと思います。

 

この記事では、「継続しやすい人間関係」について掘り下げていく中で「本当の友達とは何か」「必要とされる人間になる方法とは」といったトピックについても考えていきたいと思います。

環境が変わっても継続できる人間関係とは?本当の友達とは?

人間関係が途切れやすいタイミング

 

例えば、恋人ができた時、結婚した時、子供ができた時などに、関係が途切れてしまったなんて話はよく聞きます。
(このパターンは圧倒的に女性が多いですね)

 

単純に生き方が大きく変わったことによって、関係が噛み合わなくなることもあるでしょうし、中には「嫉妬」の感情が絡んでくるケースもあると思います。

 

やっぱり、子育てを優先したい人と、仕事を優先したい人が、楽しいと思う話、知りたいと思う話は違って当然ですからね。

 

そうなると、どうしても同じようなライフスタイルを送っている、似たような価値観を持った人間同士で固まるようになってきます。

 

一般的に、あまりにも同じような人たちが集まると、会話の内容は平坦で味気ないものになりがちですが、まあそういうものなので仕方ありません・・

相手から必要とされる人間になれば、関係性は継続できる

 

もちろん、置かれている状況が変わっても、関係を継続できる場合もあります。

 

それは、お互いに、「メリットになる何か」を与えあっているような関係性の場合です。

 

「与え合う何か」とは、ためになる知識や面白い話、共通の趣味の話、優しい気づかい、心地よいと感じる雰囲気など、相手がメリットとして感じるものであれば、どんなものでもかまわないと思います。

 

要するに、お互いが相手にメリットを提供し、お互いがそのメリットに納得していれば、いくら置かれている環境が変わっても、人間関係を継続できる可能性は高まるわけです。

 

とはいえ、これはそう簡単なことではありません。

 

こちらが一方的に相手を好いているだけではダメで、相手からも「ずっと付き合っていきたい」と思ってもらわなくてはいけないわけですからね。

 

一生付き合えっていけるような相手が「1人~3人」でもいれば十分すごいことなのではないでしょうか。

人間関係が変化しないほうが不自然かも!?

 

環境の変化で人間関係が途切れてしまうような出来事は、大人であれば誰もが経験している一般的なことです。

 

それを気に病んでしまう人も少なくありませんが、考えようによっては悪いことばかりではないと思うのです。

 

例えば、大人になって環境が変わっても、メンバーの入れ替えがなく、ず~っと仲良しなグループがあったとしましょう。

 

個人的には、そんな関係はかなり不自然だと思うのですが・・あなたはどう思いますか?

 

一般的には、大人になるにつれ、集まる回数が減ったり、参加人数が減るのが普通です。

 

もしも、頻度も変わらず、毎週のようにいつも同じメンバーで集まっているグループがあったとしたら、その人たちはおそらく大人になりきれていないか、「共依存関係」になってしまっている可能性が高いのではないかと思います・・

付き合う相手が変わるのは、真剣に一生懸命生きてる証拠

 

仕事でも趣味でも子育てでも、一生懸命取り組んでいけば自然と上達し、レベルが上がっていくものです。(人を「レベル」という言葉で分類するようなことはあまりしたくないのですが、わかりやすいので使わせてもらっています)

 

そして、人として成長していくと、「類は友を呼ぶ」という言葉どおり、良くも悪くも以前の自分と同等のレベルの人とは「感覚が合わなくなってくる」ものです。

 

つまり、自分が一生懸命頑張れば頑張るほど、もしかするとそれまで仲が良かった人たちとの関係が離れてしまう可能性もあるわけですね・・

 

ちょっと寂しいかもしれませんが、残念ながら、そういう傾向は間違いなくあります。

本当の友達とは

 

しかし、いくら環境が変わっても継続できる人間関係はもちろんあります。

 

それが、前述したように、お互いに何かしらのメリットを与え合うことができる関係です。

 

お互いに気持ちの良い雰囲気や楽しい会話、知的好奇心や向上心を刺激できるようなウィンウィン(Win-Win)の関係性です。

 

そのような関係性が構築できれば、会う頻度は減ったとしても、友達関係は継続できるはずです。

 

もしかするとそういう「何かを与え合える友達」のことを「本当の友達」と呼ぶのかもしれませんね。

 

まとめ

 

ということで、継続しやすい人間関係について考えてきました。

 

まとめると、お互いが相手に何かしらのメリットを提供し、お互いがそのメリットに納得していれば、いくら置かれている環境が変わっても、人間関係を継続できる可能性は高まるということになります。

 

ポイントは、お互いが与え合える関係であるということです。

 

気持ちの良い雰囲気や楽しい会話、知的好奇心や向上心を刺激できるようなウィンウィン(Win-Win)の関係性が理想です。

相手から好かれ、必要とされる人になるためのシンプルな方法

 

では、どうすれば相手から好かれたり、必要とされる人間に近づくことができるでしょう。

 

勘違いしている人が多い気がするのですが、こういう場合、相手に好かれようとしてはいけません。

 

「モテようとすればするほど全くモテなくなる※」のと同じで、好かれようとして人に媚びたり、自己犠牲的な関係性を作ってしまいがちの人は、都合よく利用されることはあっても、「人から本当に必要とされるようになるのは難しい・・」ということは知っておいたほうがいいと思います・・

(※~すればするほど逆効果になる理由についての関連記事→病気を治そうと焦るほど、治りづらくなる理由

 

人から好かれたり、必要とされるための方法はシンプルです。

 

魅力的な人間になる努力をすること。これに尽きます。

 

残念ながらこればかりはズルができないのです・・

 

相手に好かれようとするのではなく、魅力的な自分になる努力をすることで、自然と好かれやすくなり、必要とされるようになることを目指しましょう。

 

簡単なことではありませんが、結局これが一番の近道です。

 

では、どうすれば魅力的な人間に近づくことができるでしょう。

 

そのヒントは、以下の関連記事の中で解説してますので、是非参考にしてください。

 

〇関連記事

本物の自信が生まれる5つのプロセス【実践的で着実に自信がつく】

「みんなと同じで安心」という感覚の危険性

【不器用】人付き合いが苦手(下手)な人の特徴と原因

良好な人間関係を築く最大のコツ・付き合いやすい人の特徴

本当の優しさとは? 自分を犠牲にしてまで人に優しくしてはいけない理由

怒りの感情を「2つ」の言葉を使って抑える方法

ずっと無料!
病気の不安、ネガティブな感情やストレスを減らしたい人におすすめの「無料遠隔ヒーリング(二人三脚ヒーリング)」参加者募集中。
心と身体のケアを通して「自分に優しくする練習」をはじめてみませんか?

無料遠隔ヒーリング参加者募集