エネルギーが不足するスピリチュアル的な原因

「なんとなく元気がでない・・」

 

「やる気や気力が湧かない・・」

 

「エネルギーが不足している気がする・・」

 

そんな感覚を持っている人も少なくないのではないでしょうか。

 

身体の冷えや運動不足、ストレスや食生活の問題など、現実的な原因はいくらでも挙げられるのですが、今回はあえて、エネルギーが不足する原因を「スピリチュアルっぽい切り口」で掘り下げていきたいと思います。

 

まずはじめに「赤ちゃんはなぜあんなにエネルギーに満ち溢れているのか?」という疑問を考えつつ、後半では「我の強さとエネルギー不足の関係」について考察していきます。

赤ちゃんのパワーの源とは?

私事なのですが、2017年の4月に娘が生まれまして、当時、身近で赤ちゃんを観察する中で感じた素朴な疑問がありました。

 

それは、「母乳(ミルク)しか飲んでいないはずなのに、赤ちゃんの成長はなんでこんなに早いのか?」ということです。

 

赤ちゃんの成長は驚くほど早いものです。

 

生後2カ月半くらいで、生まれた時の2,5倍くらいの体重になってますし、毎日、出せる声の種類や声量、行動や表情のバリエーションが増えていきます。

 

それだけのスピードで成長できるパワーの源が「母乳やミルク」ということが、感覚的にどうにも信じられませんでした。

 

それに、あの小さな身体で、大人が驚くほどの声量で延々と泣き続けられるエネルギーはどこからくるのかと。

 

かなり体力がある大人でも、長時間大声を出し続けることなんてなかなかできませんからね。本当に不思議だなと思っていました。

 

そんなことを思いながら、もしかすると赤ちゃんたちは「母乳以外のエネルギー」を受け取っているのかもしれない・・という仮説について考えるようになりました。

世界はエネルギー(気)で満ちている

 

僕は気功師という仕事をしているので、実感として、世界はエネルギー(気)で満ちているということを感じています。

 

コツをつかむと、そのエネルギーを使って病気の症状を緩和させたり、痛みを軽減させたり、感情をコントロールしたり、なんらかの現象を引き寄せる可能性を高めたりと、かなり万能に利用することができたりします。

 

一般の方からすれば、こんな話は完全にスピリチュアルだと感じるでしょうし、そう思っていただいて一向に構わないのですが、少なくとも、僕たちの業界でそれなりのスキルを持っているプロの間では、世の中がエネルギーの海であり、それを利用できるという認識は一般的なものなのです。

赤ちゃんは常に世界のエネルギーとつながっている!?

 

赤ちゃんの話に戻りますね。

 

僕の仮説では、おそらく赤ちゃんたちは、エネルギーに満ちているこの世界から、まるで「源泉かけ流しの温泉」を自分の家(心と身体)に引き込んでいるかのごとく、無意識にエネルギーを受けとっているのではないか?と考えています。

 

僕も施術中や瞑想中など、変性意識状態(トランス)になった時に、何かしらのエネルギーとつながっているような感覚を得ることができるのですが、赤ちゃんには、おそらくそれよりもはるかに「大きなエネルギー」が流れ込んでいるのではないかと。そんな気がしたのです。

 

では、なぜ赤ちゃんは、源泉かけ流し状態で世界に満ちているエネルギーを受け取ることができるのでしょうか。

 

ふと思いついたのは、赤ちゃんにはまだ「自我が形成されていない」ということが関係しているのではないか?

ということでした。

赤ちゃんのパワーと自我の関係

 

自我とは、「自分は自分」だと感じるための意識のようなものです。

 

赤ちゃんの頃は、まだ自我が形成されていないので、「自分は自分」という意識を持っていません。

 

そのため、自分の手足さえ、自分のものだとうまく認識することができず、自分の爪で顔などを引っ掻いてしまって「ギャン泣きしてしまう」なんてことも珍しくありません・・

 

他人や世界とは、「自分以外の人間や空間を指す言葉」ですが、それらを認識できるようになるためには、その前段階として、「自分は自分だ」という自我の発達が不可欠です。

 

なぜなら、自我が発達することではじめて「自分は自分=自分と他人(世界)は別の存在」と認識できるようになるからです。

 

では、自分が自分だと認識していない状態、つまり、まだ自我が形成されていない意識状態がどんなものかというと、おそらく「世界と溶け合っているような状態」なのではないかと思うのです。

 

そしておそらく、世界と意識的に溶け合っている(つながっている)ような状態だからこそ、エネルギーに満ちているこの世界から、自在にエネルギーを引っ張ってこれるのではないかと。

スピリチュアル的な視点から見た・エネルギーが不足してしまう人の特徴

 

気功師の僕からすると、この「世界と溶け合っている状態」はなかなか羨ましい気もするのですが、残念ながら、社会に適応していくためには、自我を形成しなくては生きていけません。

 

自我が発達し、自分と他人を分けて考えることができるからこそ、「人の物は盗んではいけない」とか「自分の価値観を押し付けると嫌われる」とか「あの人の意見もわかるけど、私には私の意見がある」など、人との距離感をうまくつかめるようになるわけですからね。

 

ですから、自我を形成することは、社会に適応するために必要不可欠なプロセスなのです。

 

しかし、物事には限度があるもので、自我が発達し過ぎるのも問題です。

 

なぜなら、それは「我が強くなる」ということだからです・・

 

自己中心的で我が強い人ほど、「自分のことしか考えず、他人や世界のことなど考えない」というイメージがありますが、実際、我が強くなればなるほど、自分と世界は「別々の存在」であるという認識が強固になるようです。

 

そして、どうやらそれに伴って「エネルギーの海である世界とのつながりが弱くなっていく」ようなのです・・

 

つまり、我が強い人は、エネルギーが不足してしまう可能性が高いということです。

我が強くなればなるほどエネルギーが不足してしまう

 

実際に世の中を見渡してみると、自分のことばかり考え、他人なんてどうでもいいというスタンスで生きている人や、自分の価値観やルールが正しいと思い込み周囲に押しつける人、傷つくことから逃げるために、自分の殻に閉じこもり続けてしまっている人たちは、一般論として、心や身体の病気にかかりやすかったり、自己実現や目標を達成しづらい傾向があります・・

 

おそらく、そういった傾向が見られるのも、我が強くなり過ぎてしまったことで、本来はエネルギーに満ちているこの世界とのつながりが断たれてしまったからなのではないかと思うのです。

 

イメージとしては、以下↓のような感じかもしれません。

 

我が強く自分のことばかり考えてしまうということは、ある意味、自分と世界の間に高い壁を張り巡らせて、自分のエゴイスティックな城に立てこもるようなものですからね・・

 

無意識に立ててしまった、自分と世界の間の「高い壁」が、本来世界から流れてくるはずのエネルギーを遮断してしまっているのかもしれません・・

まとめ

 

ということで、エネルギーが不足する原因を「スピリチュアルっぽい切り口」で掘り下げてみました。

 

今回の仮説は、ものすごいスピードで成長する(ある時期までの)赤ちゃんのエネルギー源が「母乳やミルク」ということに対する「違和感」から生まれました。

 

言い方を変えれば、それ以外にも何かしらのエネルギーがなければおかしい・・と思えるほど、赤ちゃんの成長は早く、エネルギーに満ち溢れていると感じたわけです。

 

そしてその理由を、赤ちゃんにはまだ「自我が形成されていない」ことが関係しているのではないかと考えました。

 

ここからは箇条書きになりますが・・

 

〇自我がない=自分が自分だと認識していない(できない)状態=自分と世界が溶け合っているような意識状態

 

世界と意識的に溶け合っている(つながっている)ような状態だからこそ、エネルギーに満ちているこの世界から、源泉かけ流し状態でエネルギーが流れ込んでくる?

 

〇自己中心的で我が強い人ほど一般論として「自分のことしか考えず、他人や世界のことなど考えない」というイメージがある。実際、我が強くなればなるほど、自分と世界は「別々の存在」という認識が強固になる

 

〇我が強くなり過ぎてしまったことで、本来はエネルギーに満ちているこの世界とのつながりが断たれてしまい(自分と世界の間に壁を作ってしまう)、エネルギーが不足してしまう?

 

ということで今回の仮説の要点はこんな感じになります。

 

ここまでの流れで、不足しているエネルギーを補充するためには肥大してしまった自我(我)を小さくすることが重要ということがわかると思います。

 

では、具体的に、どうすればいいのでしょう。

 

その方法については「不足したエネルギー(気)を補充する「4つ」の方法」という記事で解説しておりますので是非ご覧ください。

ずっと無料!
病気の不安、ネガティブな感情やストレスを減らしたい人におすすめの「無料遠隔ヒーリング(二人三脚ヒーリング)」参加者募集中。
心と身体のケアを通して「自分に優しくする練習」をはじめてみませんか?