相談に乗る時のコツと大切なこと【メンタルケアのプロが解説】

あるクライアントさんから、相談に乗るコツについて聞かれました。

 

話を伺っていると、どうやらそのクライアントさんは、上手に言葉を操って適格にアドバイスしてあげたり、気持ちをラクにしてあげられるような相談の乗り方をイメージしているようでした。

 

たしかに、鋭いアドバイスができたりすると、仕事ができる上司みたいな感じで、ちょっとカッコいいですよね。

 

でも、個人的には、無理にカッコよく相談を受けようとする必要なんてないと思っています。

 

ということでこの記事では、プロのカウンセラーやコーチもメンタル面のケアにやってくる気功整体院を経営している僕が、誰でも簡単に取り組める相談に乗る時のコツや大切な心構えについて解説していきたいと思います。

誰でも簡単に取り組める相談のコツは「聞き役に徹すること」

 

結論から言うと、相談のコツを聞いてきたクライアントさんに対して僕は、「言葉で相手を納得させなくても、聞き役になってあげるだけでも十分だと思いますよ」とお答えしました。

 

知り合い同士の相談なら、相手の気持ちが落ち着くまで話を聞いてあげるくらいで十分だと思います。

 

逆の立場になってみれば分かることですが、あなたが誰かに相談に乗ってほしいと思った時に、適格なアドバイスとか、説得力がある例え話とか、目からウロコの知識とか、そんなことを求めませんよね?

 

おそらく、多くの人が相談相手に望んでいることは、「話を聞いてほしい」ということではないでしょうか。

 

ですので、「丁寧に話を聞いてあげよう」という気持ちさえあれば、相手の気持ちを楽にすることくらいは簡単にできるのです。

相談に乗る時のコツやテクニックよりも大切なこと

 

誰かの相談を受ける時、適格なアドバイスをして悩みを解決してあげたり、目からウロコの知識を与えて「なるほど!」と言ってもらえたりすると、たしかにちょっとカッコいい感じがしますが、それって、結局それは「エゴ」でしかないと思うのですね・・

 

相手の気持ちよりも、「自分がカッコよく相談に乗って、すごい人だと思われたい」気持ちを優先してしまってるだけなんじゃないかと・・

 

相談に乗る時のコツとかテクニックなんかどうでもいいのです。

 

重要なことは、とにかく丁寧に話を聞いてあげることです。

 

自分の経験が役に立ちそうだと感じるのであれば、押し付けにならない程度に伝えてあげるのはいいと思いますが、どこかで聞いたようなセリフで無理にアドバイスするくらいなら、聞き役に徹してあげることをおすすめします。

 

繰り返しになりますが、ほとんどの人は相談相手に特別なことは望んでないですからね。単純に話を聞いてほしいわけです。(特別な知識やアドバイスが欲しい人は、プロに相談に行くはずですしね)

 

「本当にただ聞いてあげるだけでいいのだろうか・・」と思う人もいるかもしれませんが、本当にそれでいいのです。

 

「どう思う?」と質問されたことに関しては、ふつうに答えればいいと思いますが、「何か特別なことを言わなきゃ・・」なんて思う必要はありません。

 

なぜかというと、相談に乗ってあげることの本質的な意味は、知識やアドバイスを伝えることではないからです。(特に素人同士の場合は)

 

大切なことは主に2つあると思っていて、一つ目は相談してきた相手に「自分には、困った時に相談できる人がいる」という安心感を与えてあげること。

 

そして二つ目は、真剣に話を聞いてあげることで、相談者に「自分は大切に扱われるだけの価値ある存在だと感じてもらうこと」だと僕は考えています。

 

この2つの要素を実現させるためには、論理的な会話スキルや適格なアドバイスを思いつく知識は必要ありません。

 

相手の話を丁寧に聞いてあげようという気持ちさえあれば誰でも簡単にできることなのです。

 

ですから、相談を受けたからといって、あまり難しく考える必要はないですし、変にカッコつける必要もないのですね。

余計なことは言わず、聞き役に徹するだけで十分

 

「あなたを大切に思ってますよ」という気持ちを相手に向けながら、じっくり話を聞いてあげれば、本来それで十分なんです。

 

しかし、多くの人は相談を持ちかけられると、せっかく相談されたんだから、「何かまともなことを言わなきゃいけない」と力んでしまうようです。

 

でも、そういうのって、大抵、余計なお世話になってしまう気がするんですよね・・

 

例えば何かの会議の時、上司や同僚へアピールするために、とりあえず何か発言しようとする人っていますよね。(こういう人に限って発言内容の質が悪かったりするものですけど・・)

 

相談の時に、何か言わなきゃ!と背伸びするのも、この感じと似てると思うのです。

 

もちろん、職場での自己アピールやごますりが、ある程度有効であることはわかるのですが・・

 

友達や同僚から相談を受ける時にまで、無理して自分を飾る必要はないと思います。

 

無理に背伸びして、カッコつけてアドバイスしたとしても、どこかで見聞きしただけの、自分のものになっていない言葉が相手の心に響くとは思いませんし、場合によっては、「この人全然わかってないな・・」という浅はかな印象を与えてしまうかもしれません・・

 

そんなリスクを冒すくらいなら、無理に自分を飾り立てず、なるべく聞き役に徹してあげるくらいの方が、よっぽど誠実な態度といえるのではないでしょうか。

まとめ

 

相談に乗るコツは聞き役に徹すること。

 

相談に乗ってあげる上で大切なことは、知識やアドバイスを伝えることではなく(特に素人同士の場合は)相談してきた相手に「自分には、困った時に相談できる人がいる」という安心感を与えてあげること。

 

そして、真剣に話を聞いてあげることで、相談者に「自分は大切に扱われるだけの価値ある存在だと感じてもらうこと」

相談に乗らないほうがいい人もいる

 

ということで、相談に乗るコツ、大切な心構えについてお伝えしてきましたが、話を丁寧に聞くことは誰にでもできることではありますが、もちろん「それなりにエネルギーを使う」行為でもあります。

 

ですから、この方法を使う相手は、本当に大切だと思う友達や家族、同僚などに限定することをおすすめします。

 

たまに、ただ愚痴を言いたいだけのために「相談に乗ってほしい」とか言って人を呼び出して、平気で他人の時間や気力を奪おうとする人っているじゃないですか。

 

そういう自己中心的な人間の話は、丁寧に聞いたりしないでくださいね。

 

本当は、そういう人とは付き合わないほうが無難なのですが、どうしても付き合わなくてはいけない場合は、適当に話を合わせる程度にしておきましょう。

 

気力も時間も有限なのですから、大切な人たちに使うようにすることをおすすめします。

 

〇関連記事

環境が変わっても継続できる人間関係とは?本当の友達とは?

まっとうな人間関係は、「自分と相手は全く違う生き物」だと理解するところから始まる。

寂しい人ほど、「自分が幸せなら、他人はどうでもいい・・」という発想になりやすい

ずっと無料!
病気の不安、ネガティブな感情やストレスを減らしたい人におすすめの「無料遠隔ヒーリング(二人三脚ヒーリング)」参加者募集中。
心と身体のケアを通して「自分に優しくする練習」をはじめてみませんか?

無料遠隔ヒーリング参加者募集